ピアノを引く人の肩こりケア

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「ピアノを引く人の肩こりケア」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分37秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

■ピアノを引く人の肩こりケア■
今日はですね「ピアノを引く人の肩こりケア」について話していこうと思います。

福岡市 ピアノ 肩こり ケア 

ピアノを弾く人の肩こり原因

●「原因—ピアノを弾く姿勢が関係」
ピアノを引く方は肩をある程度中途半端な高さで上げてスート同じ姿勢を保ってピアノを引かれているかと思います。
ですので肩が落ちた感じでなく、肩をある程度上げて腕も上げている為に、肩こりや背中・首などの筋肉が緊張してきてコリになります。

肩こりのケア方法

●「方法—『僧帽筋』と大胸筋を意識して」

肩こりのケア方法は、普通の肩こりの方達と同じように、首を回したり肩を回したりして頂きたいのですが、それに合わせて手を前に組んで頂いて組んだまま、前に押し出す。
また後ろでも組んで頂いて、胸を開きながら組んだ手を後ろに引きます。
その時に『肩甲骨を意識して』頂いて左右の肩甲骨を、背中の真ん中に寄せるようにして後ろに引いて頂くと、肩甲骨の所についています僧帽筋(そうぼうきん)や胸についている大胸筋(だいきょうきん)という筋肉などが伸びたり縮んだりします。
それにより筋肉がだいぶ補くれてきます。首回しや肩回しに合わせて、この動作も取り入れて頂きたいです。

肩こりを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

肩こりをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市東区三苫にお住いの主婦の方で「実家が中央区で土地勘があったし、サロンの雰囲気が良さそうっだった。妊娠8ヶ月。夜勤をすると腰痛がつらい。昨日、肩こりがひどすぎて眠れないくらいキツかったから治したい。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、肩こりの他にも「腰痛、首こり」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

肩こりで施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分43秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『肩こりで施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【ピアノを弾く人の肩こり原因】
・原因:ピアノを弾く姿勢が関係している。

●【肩こりのケア方法】
方法:僧帽筋と大胸筋を意識して、筋肉ケアを行う。

スペシフィックカイロ路 佐藤

ピアノを演奏する人は、練習が長時間になってしまいますので、背中の筋肉や肩周りの筋肉が非常に凝りやすく、筋肉が緊張してしまいます。
練習する人は、1日6〜8時間などの長時間練習する人もいますので、カラダの自己ケアが必要です。
特に背中の筋肉は凝り固まってしまって、血流が悪くなり、栄養分や要らない排出物などの循環がうまくいかなくなります。
ですので、まずは毎日お風呂に浸かってカラダの芯から温めることが重要です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加