肩コリが和らぐ方法を教えて

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「肩コリが和らぐ方法を教えて」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分47秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

簡単!肩コリが和らぐおススメの方法

●「症状—血液の流れが悪く、筋肉が冷たくなっている」
肩こりになった時は、筋肉(僧帽筋・胸鎖乳突筋・三角筋・肩甲挙筋・小円筋・大円筋など)が固くなっている状態ですので、それを和らげるという事ですよね。
筋肉に血液の流れも、届こおり気味になっているという事です。
冷たくなっている状態だと、考えて頂いたらいいかなと思います。

●「対策1—シップなどを貼る」
血液が流れているというのは、筋肉が温かみが有るという事ですので、冷えている状態は筋肉が固くなっている状態です。
ですので硬くなっている筋肉を温めると良いという事です。
湿布を貼ったりする事も有ります。

●「対策2(おススメ)—温めた手で筋肉を擦ってあげる」
道具も薬も使わない方法を、私の方ではお勧めしています。
まず両手の手のひらを合わせて、擦って頂くと手が温かくなります。
その手を片手づつ右手でしたら左肩の筋肉を摩ります。
肩だけでなく腕の脇の筋肉も摩ってください。
また、背中の方まで手を回して摩ってください。
その時に右手の腕を左手で支えて頂けると、背中の奥にまで手が届きます。

●「対策3(おススメ)—胸なども擦ってあげる」
胸の筋肉も腕の筋肉も摩ってください。
そうすると固まった筋肉が緩んできます。
身体もそれによって温かくなります。
両手を合わせて摺り合わせると、手が赤く温まって来ます。
それを筋肉に当てる抑える摩る事で肩こりを和らげる事が出来ます。

今すぐできる肩こり対策として『深呼吸で肩こり対策

を参考にやってみてくださいね!

頚椎ヘルニアを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

施術の説明

頚椎ヘルニアをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県大野城市白木原にお住いの消防士をされている方で「病院では治らないのでどんなもんか受けてみたかった。同じ症状が過去に2回ほどあった。MRIでヘルニア+だが、投薬治療のみで、改善しない。根本的なところをちゃんと治さないといかんと感じた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、頚椎ヘルニアの他にも「腕の痛み、しびれ」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分48秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【肩コリが和らぐおススメの方法】
・症状:血液の流れが悪く、筋肉が冷たくなっている
・対策1:シップなどを貼る
・対策2:温めた手で筋肉を擦ってあげる
・対策3:胸なども擦ってあげる

スペシフィックカイロ路 佐藤

肩こりといえば、国民病と言われるほど、多くの方が悩んでいる症状です。
しかし、これといった根本的な解決方法がなく、薬を飲んだいr、湿布を貼ったりと対処療法的なものしかありません。
しかし、本当に大切なことは対処療法ではなく、肩こりにならないための生活習慣からの変更であり、根本的な改善方法です。
しっかりと体の芯から温め、頚椎を整え、猫背にならないような生活週間を送ることで、肩こり対策行いましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加