なで肩の人は肩こりになりやすい?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「なで肩の人は肩こりになりやすい?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分32秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【なで肩だと、どうして肩こりになりやすい??】

●「普通の肩の方と、なで肩の方の違い」
肩の位置がなで肩でない方は、鎖骨と肩甲骨の位置が違う事なのです。
分かりやすく言いますと、首と肩の形が逆Tの字になっていますが、なで肩の方は逆Yの字のように両肩が下がっています。

●「原因1—なで肩の方が筋肉がハリやすい」
肩がTの字の方の首から肩のへの筋肉(僧帽筋)となで肩のYの字の方とでは距離が違っています。
距離が違っている分、なで肩の方が肩がハリます。

●「原因2—筋肉が緊張してる事で血流などに支障が」
それによって首から肩にかけての筋肉に緊張が起こります。
なで肩の方はたえずその緊張が有り筋肉が硬くなった状態になります。
筋肉が硬くなると血液の流れがスムーズでなく、筋肉の中にある老廃物も出ていかなくなるので、肩こりという状態になります。

●「原因3—肩の筋力が弱いので、方に負担がある」
また、なで肩の方は肩の筋力が弱いのです。
肩は両腕をも支えているので、肩への負担がなで肩でない方よりは、より負担がおおきいです。
僧帽筋は首から肩そして腰にまでいっている筋肉です。
僧帽筋がたえず緊張していると、肩こりだけでなく首こり、腰痛にもなりやすいですし頭痛の原因にもなります。

肩の高さの関連としまして『肩ひもが落ちやすいのは』も合わせてご覧ください。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区高宮にお住いの会社員をされている方で「カイロプラクティックと整体に通っている。首痛は姿勢が原因かもしれないと思い姿勢の方法とかを探していた。ここがクグッテたら出てきて首と書いてあるのでもしかしたらと思い来た。首に特化しているところに惹かれた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分45秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【なで肩だと、どうして肩こりになりやすい?】
【原因1】:なで肩の方が筋肉がハリやすい
【原因2】:筋肉が緊張してる事で血流などに支障
【原因3】:肩の筋力が弱いので、方に負担がある

スペシフィックカイロ路 佐藤

なで肩だと、筋肉がハリやすいという特徴が見られます。
これは身体的な特徴で、仕方がないことですが、通常と肩甲骨の位置が変わってくることで、僧帽筋などへの負担が大きくなってしまうからです。
先天的なこともありますので、撫で肩を治すことは難しいですが、首痛や肩こりにならないようにすることは可能です。
まずは、仕事中でも必ず休憩を入れて肩を回すとか、体を少し動かすという習慣を取り入れてみては如何でしょうか?
筋肉を動かさないということは、血行不良を招いてしまいますので。
まずは、意識的に体を動かし、毎日温かいお風呂に入浴するという習慣を取り入れることで、肩こりも変化が見られると思います。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加