左右に向くときの可動範囲が少ない理由

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「左右に向くときの可動範囲が少ない理由」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分43秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【首の稼動範囲が少ない理由と、その対処法】

●「理由1—首の骨(頸椎)がズレている為」
首は上下左右斜めと、いろんな方向に動くように出来ています。
首の骨(頸椎)がズレている為に、ある程度のところでロックがかかります。
右は向きやすいが左は向きにくい、という感じでロックがかかります。

●「理由2—肩こりからも首の可動範囲が狭くなったりする」
また上下の動作でも物を見にくかったりします。
そういう方は首の骨(頸椎)がズレている為にそうなります。
ズレているので首にある靭帯や筋肉がハルとか、靭帯損傷で動きが少ないとか、肩こりになる原因の一つの長時間のパソコン作業で、肩の筋肉がパンパンにハル方が、帰宅する時に車の運転をして自宅で車庫入れをする際に首が後ろに向かない、後ろが見えないという方もいらっしゃいます。
肩こりからも首の可動範囲が狭くなったりします。
可動範囲が狭いのは、いろんな事が複合的に作用している場合もあります。

●「自分でできる対処法—首や肩を回すストレッチ」
ですので、首の可動範囲が狭いという事は、どこかに原因があるとう事でもあります。
首の骨(頸椎)のズレはご自分で戻す事は出来ませんが、首を回したり左右に傾けたり、肩を回したり等のストレッチはご自分で出来ますのでして頂けると、可動範囲も少しは広くなりますし、肩こりも楽になってくると思います。

スペシフィックカイロ路では、施術の前の『頚椎(頸椎)の角度測定』をおこなっています。
首の稼動範囲が狭い方は、頚椎がズレている可能性がありますので一度検査しに来てみてはいかがでしょうか?

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区警固にお住いの会社員をされている方で「鍼灸、指圧、整体、整骨院、整形外科に通っている。痛みがドンドン増すのでどこか他にないか探し中。今回は、インターネットで調べた所で近いので来た。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【首の稼動範囲が少ない理由と、その対処法】
理由1:首の骨(頸椎)がズレている為
理由2:肩こりからも首の可動範囲が狭くなったりする
自分でできる対処法:首や肩を回すストレッチで楽にする

スペシフィックカイロ路 佐藤

首の稼働範囲が少ないと、体を動かす時、何かしら不都合がかかります。
それが体の負担につながり、体に疲労が蓄積される原因になります。
そうなると、筋肉の緊張により筋肉が硬くなり血行が悪くなることで、筋肉のこりやハリ、最後には痛みに変わるのです。
ですので、首の稼働範囲を広げることはとても重要です。
まずは、ゆっくりと筋肉を動かして、筋肉の柔軟性を取り戻すことが重要です。自分で骨は調整できませんので。
根本から整えるためには、骨の調整が必要となりますので、その際はご相談ください。

首痛を改善するための対策は、こちらの『肩こりからくる首痛・頭痛で悩む女性の改善事例』も参考にしていてください。
お悩みがある方は、いつでもご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加