肩甲骨をほぐすストレッチ

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「肩甲骨まわりをほぐすストレッチ」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(1分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

■「肩甲骨まわりをほぐすストレッチ■
今日はですね「「肩甲骨まわりをほぐすストレッチ」について話していこうと思います。

福岡市 肩甲骨 ほぐす ストレッチ 

【肩甲骨まわりをほぐすストレッチ】

●「ストレッチ1—腕を胸の高さで組んで」
長時間のパソコン作業をしていると、肩の先にある肩甲骨の奥のほうが痛くなったり、硬くなり「こり」ができます。
ストレッチですが、腕を胸の高さで組んで、片方の肘を反対側の首の方に持ってきます。
それを左右行なってください。

●「ストレッチ2—胸を開く感じに」
次に胸を開く感じに肩や腕を後ろに引いてください。
その時に肩甲骨を意識して、左右にある肩甲骨をくっ付ける感じ寄せる感じにしてください。

●「ストレッチ3—肩を前から回して」
次に肩を前から回して、次に後ろから回してください。
それに合わせてして頂きたいのは、首のストレッチです。
首のストレッチをする事によって、首から肩そして肩甲骨への筋肉が柔軟になってきます。

【ストレッチをすつ時の注意点】

●「注意—色々な所をストレッチする」
筋肉は頭の後ろから首の骨へ、首の骨(頸椎)から鎖骨や肩や背中や腰と、筋肉は私達の身体を幾重にも重なって付いています。
一箇所だけストレッチをするのではなく、いろんなところにある筋肉をほぐすようにストレッチをすると、身体中が楽になっていきます。
またストレッチは一箇所を一回でなく、最低でも5回はしてください。

今回、肩甲骨まわりをほぐすストレッチをご紹介させてもらいました。
あなたのストレッチの効果を高める為に『ストレッチが強すぎると…??』と『覚えてて!ストレッチを行う時間は?』も合わせてみてくださいね。

頚椎ヘルニアを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

施術の説明

頚椎ヘルニアをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市西区北原にお住いの会社員をされている方で「頚椎ヘルニアの治療例があったから。3年前に同じ症状があって、病院でブロック注射と痛み止めを服用し、そのうち自然治癒していた。今回も同じような症状で、これはまずいと感じ、病院だとまた繰り返すと考えて治療できるところを探していた。」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分48秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『頚椎ヘルニアの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【肩甲骨まわりをほぐすストレッチ】
ストレッチ1:腕を胸の高さで組んで
ストレッチ2:胸を開く感じに
ストレッチ3:肩を前から回して
注意:色々な所をストレッチする

スペシフィックカイロ路 佐藤

当院に来られる肩こりで悩む多くの人は、肩甲骨の筋肉が固まって凝っている状態です。
これは、長時間のパソコン作業などで筋肉が緊張して血流が悪くなってしまうからです。
これが毎日続きてしまうと、筋肉の異常緊張が続いてしまい、コリが激しくなります。
長時間のパソコン作業などをする場合は、途中で肩甲骨を動かす体操などを取り入れて、筋肉の緊張の緩和を行うようにしましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加