【要注意!】手の長さが違うとどんな影響が?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「手の長さが違うとどんな影響が?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分29秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【なぜ手の長さが違うと身体に影響がでるのか?】

●「手の長さは一緒!原因は肩の高さが違っているから」

「手の長さが違うとどんな影響があるの?」についてお話します。
手の長さが違うとどういう影響があるかっていうことですけれども、手の長さっていうのは左右一緒だと思います。
なぜ手の長さが違うかって言うと、肩の高さが違ってきているから手の長さも違うんです。

肩の高さが違うってことは、身体に歪みや捻じれがあるってことなんです。
ただ肩の高さが違うだけでは、歪みや捻じれっていうのは、なかなか起きにくいですけれども、もし右肩が高いとすると右の方に筋肉が引っ張られていきます。
そういうことによって、腰の筋肉も引っ張りあげられていく。


●「筋肉は連動しているため他の部分に影響が」

筋肉は、連動で付いていますので、一か所だけが伸びたり縮んだりするわけではなく、そこが縮んだりすると、どこか他のところを引っ張りあげていく。
身体中の筋肉が繋がって影響しあってます。

その影響で、肩の高さが違うってことは肩こりの元になったりとか、腕凝りですね。
腕をあげる時にバランスよくきれいに上がらないので、腕が重たくなったりとか、あと背中の方に痛みがきたり腰痛ですね。
背中が凝ったりとか、腰の筋肉も引っ張りあげられていますので腰が凝ったりとかですね。

首の方も肩に一番近いのは首です。
首の筋肉もそちらの方に引っ張られていって、硬くなります。
首が硬くなるってことは、どちらかに筋肉が引っ張られているって事ですので・・・


●「筋肉と骨はくっついているので骨のズレも…」

筋肉っていうのは、骨と骨についていますので、骨もズレてくる可能性がある訳です。

ですので、『私がやっている首の調節』にも関係して来るんですけれども、やはり首がずれてることによって肩の高さが違うってこともあります。
手の長さが左右違うってことですね。

なので首が痛かったりとか、首こり・肩こり・腰痛にも手の長さが左右違うのは、凄く重要な調べるポイントになっています。

手足の長さが違ったお客様の『施術後の感想』を載せていますので、来店のご参考にしていただきたいと思います。


ストレートネックを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

ストレートネックをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県糟屋郡粕屋町にお住いの主婦をされている方で「前に他のマッサージ店で”ストレートネックですね”と言われて気になっていた。 昨日マッサージに行き、その直後から肩が痛くなったのでストレートネックが影響してるのかもと思い調べてて、こちらのスペシフィックカイロ路のHPの説明に納得できたので来た。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「肩痛、頭痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。

上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【手の長さは一緒!原因は肩の高さが違っているから】
身体に歪みや捻じれがあるという証拠です。

●【筋肉は連動しているため他の部分に影響が】
身体中の筋肉が繋がって影響しあっているので、肩の高さが違うってことは肩こりの元になったり。


スペシフィックカイロ路 佐藤

たかが手の長さ。と思われがちですが、されど手の長さです。
手の長さが違うということは、体のどこかが歪みを起こし筋肉が引っ張られ、負荷がかかっているということです。

今は何も痛みがなくても、体のどこかに負荷がかかり続けていれば、いずれは痛みやこりなどに変化していく可能性があります。
積み重ねは大きな力を生みますので、痛くなる前に、痛い場合はすぐにでも、専門の整体院などで診てもらうと良いでしょう。

お悩みがある方は、いつでもご相談ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加