【教えて!】首痛時は高い枕で寝ると良い?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「首痛時は高い枕で寝ると良い?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分07秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

【首が痛い時に枕をつかわないほうがいい理由】

●「高い枕だと、首の筋肉を引っ張り上げてしまう」
「首痛の時は高い枕で寝ると良いって本当ですか?」についてお話したいと思います。
首痛の時って、首が凄く痛くて首の筋肉も張ってますよね。
肩の筋肉も凄く、背中の筋肉も多分張っているかと思います。
そういう時に高さが高い10センチとか10センチってちょっとオーバーかもしれませんけども、そういう枕で寝ると背中より首の方が身体より高い位置で、頭が前に出てくるってことになります。

高いってことは、頭が前に出てきているってことは、首の筋肉を余計引っ張りあげている。
前の方の筋肉は、縮んでいるっていうことになっていると思います。
そうすることによって、余計痛みを倍増させてしまいます。

首が痛くてお悩みの方は『首が痛い!首痛の対処法』をご覧になってください。

●「高い枕で寝るのはおススメできない!」
普通でも首を前に倒すだけでも、かなり背中の方とか肩の筋肉とか首の後ろの方の筋肉がピーンと張ったような気分になるかと思います。
それを感じて頂けるだけでも分かるかと思うんですけど、その状態で寝るってことですので痛い状態で寝る。
そうするってことは、余計筋肉を緊張させることに繋がっていきます。
ですので余計緊張させるって事は、筋肉が縮こまり固くなっています。
ですので高い枕で寝るって事は、私の方ではお薦めしていません。

●「どうすればいいの?」
その方の身体にあった、呼吸のしやすい高さっていうのがありますので、ご自分でその呼吸のしやすい高さを見つけて頂いて、それで寝て頂くようにお願いしたいと思います。
寝る姿勢は、人が立っている状態をそのまま横に(ベットに)横たわった状態が身体に負担のない寝姿かと思います。

デスクワーク仕事をされている方は『首痛予防法』を見ていただきたいと思います。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区大橋にお住いの公務員をされている方で「一年前にカイロプラクティックに通っていた。最近、特に顎が痛くなってきたので、どうにかしたいと検索した。首痛もあるので、首が関係しているのかもと思った。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「顎関節症」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(2分23秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【高い枕だと、首の筋肉を引っ張り上げてしまう】
首の前側の筋肉は、縮んでいるっていうことになっていると思います。
それによって、余計痛みを倍増させてしまいます。

●【高い枕で寝るのはおススメできない!】
余計筋肉を緊張させることに繋がっていきます。

●【どうすればいいの?】
呼吸のしやすい高さを見つけて頂いて、それで寝て頂くようにお願いしたいと思います。

スペシフィックカイロ路 佐藤

高い枕だと首にかかる負担が大きくなりますので、首痛に繋がってしまいます。
自然に呼吸ができるベストの高さを見つけ出し、首に負担をかけないようにするようにしましょう。

首痛を改善するための対策は、こちらの『3年前に交通事故で追突された頸椎圧迫の改善事例』も参考にしていてください。
お悩みがある方は、いつでもご相談ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加