自分で顎の歪みを整える方法

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「“自分で直す”顎(アゴ)のズレを整える方法」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(3分24秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

自分でできる、顎のズレを整える方法!

●「左右、満遍なく使って噛むようにする」
「“自分で直す”顎(アゴ)のズレを整える方法」についてお話したいと思います。
顎のズレですね。
噛み合わせっていうか、同じ方向ばかりで噛んでいるとどうしても顎っていうのは、どちらか左右に動いていきます。
それをきれいに整える整え方っていうのは、やはり同じ方向ばかりで噛んでいるのを止めて満遍なく口を使う。
口のいろんなところをですね、右で噛んだら左で噛むとか、左で噛んだら今度は真ん中で噛むようにする。
だから口を満遍なく使うってことです。
満遍なく使うことによって、口の筋肉を噛むことによって口の筋肉、顎の筋肉、首の筋肉を満遍なく使ってあげることによって、このズレとかが大分整ってくると思います

●「頚椎のズレもおこっている」
でも、どうしてもズレる、噛むだけではですね、このズレが戻らない方がいらっしゃいます。
昔の話ですけど、今もいらっしゃるかもしれません電話機とか携帯をこちらだけで傾けて掛けて話されて、手はパソコンを打たれている方がいますよね。
そういう方は、どうしても顎のこちらの方を下にして、左に挟んでいたら左の方を下にして使っているので段々ズレてきます。
そういう方は、お仕事上どうしようもないと思うので、どちらか満遍なく肩も使って頂くのが凄いベストですよね。
こちらに傾けたら、こちら、でも段々使っていると左肩の方が楽っていう感じになるかもしれません。
ていう事は、左肩の方が楽っていうことは、私の方では『 首の頸椎』を扱わせて頂いているんですけれども、頸椎もかなりズレているということになります。

●「首がズレる事で肩こりもおこってくる」
首がかなりズレているってことは、肩もかなり張っているってことですので、なかなかご飯を食べる時に満遍なく使ってたりとか、携帯を挟むのを両サイドするのもやって頂いても、このズレっていうのはなかなか元に戻らない時もあります。
戻らない事が多いです。
そういう方は、『当院の方に来て頂きたい』と思いますけれども、その前の段階で自分で出来る方法としては、やはり携帯は満遍なく左で使ったり右で使ったりして頂く、ご飯を食べる時は口の中、歯を右で噛んだら左で噛んで左で噛んだら今度は真ん中で噛むとかいうふうに全体を使う。
左右バランスよく使っていくということが一番大事かと思います。

顎関節症を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

顎関節症をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県大野城市月の浦にお住いの美容師をされている方で「顎が痛くて歯科に通っていたが骨格にも影響が有るのか気になってインターネットで調べていた。調べているとスペシフィックカイロ路が出てきて、首も痛みも有ったので来てみた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、顎関節症の他にも「首痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【自分でできる、顎のズレを整える方法!】
・左右、満遍なく使って噛むようにする
・頚椎のズレもおこっている
・首がズレる事で肩こりもおこってくる

スペシフィックカイロ路 佐藤

顎の歪みは、誰でも簡単に歪んでしまう可能性があり、何かの拍子で顎関節症になったり、それに近い症状で顎が痛くなったりすることがあります。
顎関節症になると、その症状の重さにもよりますが、入院しなければならない人もいらっしゃいます。
ですので、顎の歪みに繋がる生活習慣はなるべく避けていきたいところですし、顎が歪まない体作りもやっていきたいところです。
まずは、左右均等に噛みながら食事をするということを意識して、顎の一部だけに力がかかりすぎないような習慣を身につけましょう。

もうすでに痛みで困っているならば、一度整形外科や歯科医院などで、顎関節症の状態を見てもらいましょう。
まずは、医師の診断を受けることが先決です。
その上で、痛みが改善しない場合は、スペシフィックカイロ路へご相談ください。
頚椎の歪みから整え、顎や首の痛みを一緒に取り組んでいきましょう。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加