即実践!目が疲れた時の簡単体操

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「即実践!目が疲れた時の簡単体操」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image ■【即実践!デスクワークで目が疲れた時の体操】
今日はですね、「デスクワークで目が疲れた時の体操」についてお話したいと思います。

福岡市 目 体操 

【デスクワークで疲れた時の簡単、3つの目の体操方法】

●「体操1- 親指を目と目の間の奥の部分に入れる」
目が疲れた時は、もう、本当に目を開けているのも辛い感じですよね。
そうする時は、皆さん無意識に目をこうやって瞑ったりされていると思います。
それは凄くいい事ですよね。
目の筋肉をこう瞑ることによって、少し和らげてることになるんです。
そういう瞑ってもどうしようもない時は、目の球を左右にやったりとか上にあげたりとか、ぐるっと回したりとかする事以外ですね、親指がありますよね。
親指を目の奥のここに、目と目の間のここにですね、ちょっと入れて下さい。
入れるところが、ちょっとへっ込むところがあるんです。
そこに入れて頂いて、上にちょっと突き上げる感じ、で離して頂く。
長い事しないで下さいね。
もうちょっとの間、こう入れてちょっと上げる感じ。

●「体操2-上に少し突き上げる」
真ん中らへんも入れるとグーッと入っていきますので、そこをちょっと押し上げる感じですね。

●「体操3-目じりの部分にも、入れてグッと上げる」
あと目じりのところも、ちょっと入れてグッと上げる。
あまり入れ過ぎると目に負担がきますので、それを軽くやって頂くとそれだけでも目の視界が明るくなると思います。

体操をすると、どうして目の疲れがとれるのか?

そういうふうな事をやって頂く、何故そうするかと言うと、ここの筋肉が

目の疲れによって固まっているんですね。
今の事をするだけでも筋肉が軟らかくなりますので、お願いしたいなと思います。

目が疲れやすい方は『疲れ目で悩まない』を、参考にしていただきたいと思います。

【デスクワークを続けると、
目が疲れるメカニズムとは?】

目が疲れとは、目のまわりの筋肉が疲れた状態にあることです。
眼球は外眼筋と呼ばれる6本の筋肉に支えられていて、眼球が長時間同じ位置で動きがない状態が続くと、この外眼筋が筋肉疲労を起こしてしまいます。
デスクワーク等で、長時間同じ姿勢で画面を見ることは、長時間同じ距離で目のピントを合わせたままということになり、目の機能がフリーズしてしまうのです。
一定距離で目の機能がフリーズすると、それ以外の距離に合わせようとしても合いにくくなり、遠くがぼやけた感じになるという症状にもつながります。
そのほか、メガネやコンタクトレンズが合っていない人や、40~50代の人で目の調節力が落ちてきて老眼が始まった人も、無意識に目を酷使しがちになり、目の疲れに繋がります。

【疲れ目と肩こりの関連性とは?】

疲れ目による疲労は、首を通って肩にまで届き、首筋から肩にかけての筋肉が緊張して血行不良になってしまいます。
筋肉の疲れは、血液によって運ばれてくる酸素や栄養によって解消されますので、血行不良を起こすと筋肉の疲労が段々と蓄積され、酷い肩こりへと繋がってしまうのです。


【肩こりを予防・改善させるストレッチを
3つご紹介します!】

●「その1—–肩を上下するストレッチ」
・真っ直ぐに立った姿勢で、肩を上にグッと上げそのままストンと落とし上下させる動きを5回繰り返します。
・頭を上下左右に10秒ずつ動かします。
・ほっぺたを手で押しながら、頭を左右に10秒動かします。
・頭を10秒かけて、時計回りに動かし、次は反時計回りにグルリと10秒かけて回します。
・手を前で組んで、身体をまっすぐにした状態で肩だけを前に出し、この状態を15秒キープしましょう。
・後ろで手を組み、ゆっくりと手を上げていき、15秒キープします。
—–やってみると、こんな感覚—–
肩や首をしっかりと動かすことで、血行が良くなりとても気持ちいいでしょう。
痛みが出る場合は、無理はせず動かせる範囲で繰り返しストレッチしましょう。

●「その2—–腕を引っ張るストレッチ」
・まず、ラクな姿勢で腰をかけるorまっすぐに立ちましょう。
・頭の後ろで腕を固定し、反対側へゆっくりと引っ張っていきます。
・肩肘を頭の後ろで押さえた状態で、上半身を横にひねっていくと脇腹あたりまでストレッチできます。
・同じように、反対側の腕も引っ張ってください。
—–やってみると、こんな感覚—–
ストレッチ後は、血流が正常になり肩が軽くなったように感じらるでしょう。
腕を引っ張る際は、激しく引っ張るのではなくゆっくりと引っ張るよう注意しましょう。

●「その3—–手のひらを前に突き出すストレッチ」
・手前で両手を組みます。そのまま両手を前に出し、手のひらで前の壁を押すようなイメージで強く押し出します。
・手のひらを前へ押し出した状態で、両手をゆっくり左右に動かしましょう。
・そのまま、前に押し出した両手を頭の上に伸ばし、後方まで大きく伸ばしていきます。
—–やってみると、こんな感覚—–
上腕から背中全体まで、しっかり伸びてとても気持ちいいでしょう。
お風呂上りなど、身体が温まっている時に行うとさらに効果的です。


肩こりを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

肩こりにお悩みで当院に来られた、50代女性のお客さまの事例です。
この方は、福岡市中央区にお住いの事務職の方で、以前首がまわらなくなった時に、カイロで治療してもらい効果があったので、今回もカイロプラクティックをお探しになり当院へ来られました。
実際にお話を聞いてみると、肩こりだけではなく「耳鳴り、腰痛、背中痛、吐き気、涙目、首痛」などのお悩みも抱えていました。


しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
このような事例はいくつでもお話しできます。
しかし、ここが重要です。
ご自分で施術を体験して納得することが大切です。
あなた次第です。今すぐ「改善に導く5つの理由」をご覧下さい。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(5分41秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●デスクワークで疲れた時の簡単、3つの目の体操方法
●「体操1- 親指を目と目の間の奥の部分に入れる」
●「体操2-上に少し突き上げる」
●「体操3-目じりの部分にも、入れてグッと上げる」

●デスクワークを続けると、目が疲れるメカニズムとは?

●疲れ目と肩こりの関連性とは?

●肩こりを予防・改善させるストレッチを3つご紹介します!
●「その1—–肩を上下するストレッチ」
●「その2—–腕を引っ張るストレッチ」
●「その3—–手のひらを前に突き出すストレッチ」


疲れ目は、ほおっておくと肩こりなどさまざまな弊害が出てきます。
疲れ目の解消に効果のある体操をし、溜まった疲れはその日のうちに解消するようにしましょう。

そして最後に、疲れ目の改善に頑張るあなたへ、
この言葉送ります。

私はたえず喜びを求めながら生きている。 そのための苦労には精一杯に耐える努力を惜しまない。
本田宗一郎(HONDA 創業者)


辛い症状の改善したければ、まず何か行動にうつすことが大切です。
痛みに耐えながら毎日を過ごすのではなく、明日を笑顔で迎えるため、自分に出来ることから始めてみましょう。
いつでも、お気軽にご相談ください。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加