肩こりと疲れ目の関係とは?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「肩こりと疲れ目の関係」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(3分09秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

肩こりと疲れ目の関係

■【肩こりと疲れ目の関係】
肩こりと疲れ目の関係についてお話したいと思います。
肩こりと疲れ目は、皆さんもおそらく実感されているかと思いますが、パソコンをずっと見ているために目が疲れたり、映画等を見て目が疲れたりします。
目の奥にある筋肉の動きが鈍くなることによって疲れて、それにより顎の筋肉や首の筋肉にも作用してきます。
その首の筋肉が疲れて硬くなってくるということは、首から肩に繋がっている筋肉も硬くなってきます。
目が疲れていると感じる方は『疲れ目で悩まないポイント』を参考にしてみてください。

■【肩の筋肉が硬くなると?】
そして、肩の筋肉が硬くなってくると、よく皆さん肩が凝ると肩だけでなく背中の後ろ側も硬くなり痛くなってきます。
ですので、目の筋肉が疲れるだけでなく、首の筋肉、肩の筋肉、背中の筋肉、腰の筋肉までいく方もいらっしゃいます。
人間の体にある筋肉というのは、骨と骨にくっ付いているので連鎖しているんです。
目が疲れていると、目の焦点がなかなか合わなくなり、余計にどんどん目の奥の筋肉が疲れて硬くなってきます。
柔らかいと目の焦点を合わせやすいんですが、硬くなるとなかなか合わなくなってくるので余計に疲れてきます。

■【目の筋肉を引っ張ることもある】
それにより、首の筋肉から肩の筋肉へというように目の疲れにより肩こりになりますし、その反対もおこることがあります。
肩こりにより首の筋肉が疲れてきて、次に首から目の方へいっている筋肉を引っ張ることによって目が疲れてくる場合もあります。
人間の体というのは一箇所だけでなく、連鎖反応のようになっていますので『目の疲れと肩こりにはすごく関係性』があります。

肩こりと疲れ目の関係、4つの原因

●「原因1—長時間のパソコン作業により」
肩こりは、皆さん経験した事があると思います。
肩こりになる元々の原因は、いろんな原因があるかと思います。
でも、目から来る事も結構多いです。
パソコン作業をしていると、どうしても目の瞳孔を開いたままの動作の方が多いです。
どうしても、まばたきが少ないです。
そうする事によって目の奥の筋肉、目にも筋肉があるんですね。

●「原因2—まばたきの回数が減り、筋肉が硬くなる」
目を左右、前後左右とか上下する、動作するために筋肉てのがあるんですけど、まばたきする事によってその筋肉も使います。
そのまばたきをする回数が減る事によって、筋肉が硬くなって来て、筋肉が硬くなって来る。

●「原因3—目の奥の筋肉が硬くなる事で首の筋肉も」
で、目だけの筋肉が硬くなって来るんじゃ無くて、目の奥に付いている筋肉は、首の方にも付いて来ている筋肉でもあります。
首の方の筋肉ですね、首の方の筋肉は、今度、肩の方にも、くっ付いています。
そう言う風な感じで、目の奥の筋肉が硬くなって来ると、首の筋肉を引っ張り上げる事になります。

●「原因4—首から肩の筋肉も硬くなる」
で、首の筋肉が引っ張り上げられると言う事は、そこに付いている肩の筋肉も引っ張られる事になります。
引っ張られて来ると、そこの筋肉は硬くなって来ます。
そうする事によって、肩こりて言うのが起こって来ます。
肩こり対策として、『肩こり改善体操』をご覧ください。

●「逆に肩こりから目が疲れる事もある」
又、反対に肩こりがあるために首の筋肉が硬くなって、目の奥の筋肉が硬くなって来て目が疲れやすい、て言うお互いの理由があるかもしれません。
でも、どちらが先にしても筋肉の硬くなっている事によって、目が疲れたりとか、肩こりになって来たりします。
ですので、筋肉をほぐしてあげる、ストレッチをしてあげる、そうする事によって、改善にもつながって来ます。
なので、肩こりと目の疲れと言うのは、すごく関係があります。
目の疲れには『目の廻りの血流アップ体操』を参考にやってみてください。

肩こりを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

肩こりをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、30代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区高宮にお住いの会社員をされている方で「前にストレートネックと言われていた。背中に違和感と肩こりが有るので来てみた。学生の頃から肩こりがとても酷くて、突然首が痛くなった。お客様の体験談があって安心した」という理由で当院へ来られました。

施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?

参考:ストレートネックで施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分31秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『ストレートネックで施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【肩こりと疲れ目の関係】
目の奥にある筋肉の動きが鈍くなることによって疲れて、それにより顎の筋肉や首の筋肉にも作用します。

●【肩の筋肉が硬くなると?】
目の筋肉が疲れるだけでなく、首の筋肉、肩の筋肉、背中の筋肉、腰の筋肉までいく方もいらっしゃいます。

●【目の筋肉を引っ張ることもある】
目の方へいっている筋肉を引っ張ることによって目が疲れてくる場合もあります。

●【肩こりと疲れ目の関係、4つの原因】
原因1:長時間のパソコン作業
原因2:まばたきの回数が減り、筋肉が硬くなる
原因3:目の奥の筋肉が硬くなる事で首の筋肉も
原因4:首から肩の筋肉も硬くなる

スペシフィックカイロ路 佐藤

見逃しがちですが、肩こりと疲れ目は、とても深い関係で繋がっています。 全身の筋肉は全て繋がっていますので、肩こりを引き起こしている筋肉は、長時間のパソコン業務などで、筋肉が緊張しているため縮んでいます。 一部の筋肉が縮んでしまうと、その筋肉をフォローするために、他の筋肉に負担がかかってしまいます。 そうやって筋肉の負担が連鎖してしまい、全身の筋肉に負担がかかってしまうのです。

ですので、肩こりを改善させるには、生活習慣の見直しが必要となりますので、まず生活習慣を把握することで、何が肩こりに影響しているのかを見極める必要があります。 また、現状の肩こりを改善させるためには、体の歪みを整えなければ筋肉の負担は楽になりません。 そのために頚椎を綺麗に整える必要があります。 頚椎を整えない限り、肩や首にかかる負担は軽減させることはありません。 頚椎の歪みを整えることで、筋肉バランスも整えることができますので、肩こりでお悩みの方は、お気軽に一度ご相談ください。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加