【凝り固まった首に…】簡単!首コリほぐし

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

今日は、「【凝り固まった首に…】簡単!首コリほぐし」についてお話したいと思います。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(5分11秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

■凝った首のほぐし方■
今日はですね「凝った首のほぐし方」について話していこうと思います。

福岡市 凝った首 ほぐし方 

凝った首のほぐし方

●「やり方1—胸を腕を開いて深呼吸」
凝った首のほぐし方についてお話したいと思います。
首が凝ったときは右も左も、上を向くのもきついと思います。
そういった時のほぐし方ですが、凝っている状態ですので動かすのも辛い状態を動かしていきます。
ですので、まず一番にお願いしたいのは深呼吸です。
深呼吸を5回くらいゆっくりとしていただき、深呼吸をすると呼吸が入ることによって大分柔らかくなります。
小学生の時の『ラジオ体操』の一番最後にしますよね?腕と胸を大きく開いて深呼吸を5回くらいゆっくり行います。

●「やり方2—吐きながら頭を動かす、吸いながら戻す」
その次は、ご自分の動かせる範囲でいいので痛くなるところまではせず動かせる範囲でまずは顔をゆっくり右に向けます。
そのときも、まず最初に息を吸っていただいて、吐きながら動かせる範囲で行います。
ほんの15度くらいしか動かせないときは15度で結構ですので、今度は吸いながら顔を元に戻します。
そして次に左ですが、左も動かせる範囲です。
もしかすると、左は右と違いもう少し動かせるかもしれません。
その動きを右左と何回かしていただき、何度かやっていると動かせる範囲が広がってきます。

●「やり方3—吐きながら頭を右に倒し、吸いながら左に倒す」
そして広がってきたら今度は、首を横に倒してください。
まず息を吸って、吐きながら右に倒しますが、そのときも動かせる範囲で倒してください。
そして息を吸いながら起こして、次は左の方へ倒します。
それを何度か行っていると、段々と倒せる範囲も広がってきます。
ここまで、顔を横へ向けることと倒す動きをしました。

●「やり方4—吸いながら頭を半分回し、吐きながら半分回す」
次は、首を回してください。
回すときも、息を吸いながら半分まで回し、吐きながら残り半分を回してください。
それを2回位同じ方向にしていただき、今度は逆方向に同じ呼吸法で2回位行ってください。
そうすると、大分首の稼動域が広がってくると思います。

●「やり方5—吐きながら右ななめに上に向け、左も同じように」
次は、息を吸って吐きながら右ななめ下に頭を倒します。
そして吸いながら頭を起こし、今度は吐きながら左ななめ上に顔を向けます。
首を伸ばしてあげる感じです。
次はその反対側で、左ななめ下から右ななめ上へと動かします。
そうすると、首の筋が延びてきます。
筋が伸びるということは、筋肉も大分柔らかくなってきています。

●「やり方6—肩を回す」
あとは、肩回しをしていただくと、肩を回すことによって首の筋肉も一緒に動きますのでより効果的です。
肩回しも、前から後ろに回したら今度は後ろから前へともってきます。
その他、手を上へ持っていくと上半身全部が動きます。
そうしていただくことによって、首の筋肉がほぐれてくると思いますので、そういったことをやっていただきたいと思います。

また、こちらの『首こりを解消、正しい姿勢』を参考にして、快適な生活を送ってください。

首コリを防ぐための生活の工夫とは?

●【首コリを防ぐための生活の工夫】
首コリを防ぐためには、生活の工夫が大事です。
首コリは、筋肉が緊張して血行が悪くなった時に起こるからです。
肩から首の血行が悪くなり、老廃物がたまるとしこりになります。

●【首コリは、姿勢の悪さ、運動不足から】
首コリは、生活習慣に起因することが多く、姿勢の悪さ、運動不足、過度の運動、目の酷使などが関与しています。
慢性的にうつむいた姿勢を取っていると、首のカーブが失われ、ストレートネックになってしまいます。
前傾姿勢でいつもパソコン操作したり、合わない枕などをしていると、ストレートネックになるので要注意です。
首はカーブしているのが普通なので、ストレートネックになると首コリが酷くなます。
酷くなると、腕の痺れなどもあらわれてきます。

●【首コリ予防方法は?】
首コリを防ぐには、温めるとよいです。
温めると血行がよくなり、凝り固まった筋肉をほぐすことができるので、おすすめです。
寒くなると無意識に肩をすくめるようになるので、余計に首コリになります。
そうならないよう、暖かくして筋肉の緊張を緩和してやりましょう。
蒸しタオルを首に巻くとよいです。首の後ろをもむのも良いです。
首の緊張状態をほぐすには、首の後ろをもむとよく、コリが楽になります。

首痛を改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

首痛をなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市城南区東油山にお住いの主婦をされている方で「他の整体に行っているけど、全然改善しないので他の方法がないか調べていた。首専門だひ、信頼できるかもと思い、天神に行くついでに寄れたらと思った。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、首痛の他にも「肩痛、腰がだるい」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【首痛の施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分10秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛の施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

▶︎他のお客さま体験談(クリックで見れます)

まとめ

●【凝った首のほぐし方】
・やり方1—胸を腕を開いて深呼吸
・やり方2—吐きながら頭を動かす、吸いながら戻す
・やり方3—吐きながら頭を右に倒し、吸いながら左に倒す
・やり方4—吸いながら頭を半分回し、吐きながら半分回す
・やり方5—吐きながら右ななめに上に向け、左も同じように
・やり方6—肩を回す

スペシフィックカイロ路 佐藤

首のコリを緩和させるには、仕事中など長時間同じ姿勢をしている途中で、休憩を入れて体操やストレッチを行うようにしましょう。
これは、筋肉の緊張をほぐし、血行を改善させることで、筋肉のコリを防ぐことができます。
毎日、少しの意識でいいので、1時間に1回くらいのストレッチを入れるようにしてみてください。

※首痛を改善するための対策は、こちらの『3年前に交通事故で追突された頸椎圧迫の改善事例』も参考にしていてください。

お悩みがある方は、いつでもご相談ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加