【ツライ…】電車での読書は首に負担大!

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「電車の中での読書は首にも負担」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分55秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

■【電車の中での読書は首にも負担】■

電車の中での読書は首にも負担についてお話したいと思います。
電車やバスに乗っているとき、どうしても頭を下げて体を下に落としたような形で読まれる方が多いかと思います。
そういったことにより、体に負担がかかります。

どうしてかというと、頭は4~5キロあると言われていますが、その頭を体より前に持ってきて下に落とした形は首に負担がきます。
頭が落ちないために首の骨や筋肉で一生懸命支えてくれています。
首だけでなく、肩や背中の筋肉でも落っこちないように引っ張ってくれています。

そうすることにより首や肩の筋肉すべてを使って軽減してくれています。
読書の時に頭を下に落とすということは、頭が落ちないよう支えている首や肩、背中の筋肉に負担がかかっていると思っていただけるといいと思います。

●【どうすればいいのか?】

読書をすることはいいですが、たまには体を起こしてあげたりすることにより頭が起きます。
頭が起きると、負担のかかっていたものを軽減することになりますので、時々体を起こしてあげると首や背中の筋肉の負担が軽減します。

電車の中で読書をすることがいけないとは言えません。 やはりその時間をぼーっと過ごすよりは本を読みたいという方もいらっしゃると思います。
とくに最近は読書だけでなく、スマートフォンを使っていたりしますので、時々は頭を起こしてあげるということをお願いしたいです。

隙間時間などで『簡単にできる首ほぐし体操』をしていただけると、首の負担が軽減しますので参考にしてみてください。

首の筋肉を緩めるための生活での工夫とは?

●【首の筋肉を緩めるには?】
首の筋肉を緩めるために、生活で工夫することは、マッサージすることです。
入浴後、首周辺をマッサージすれば、首の筋肉を暖めることにつながります。
首のコリを防ぐには、同じ姿勢をとり続けないことが大事です。
血行や代謝を良くするには、筋肉を暖めてやる必要があります。

●【オススメ①:温湿布】
首の筋肉を緩めるなら、温湿布がおすすめです。
肌をさすって温め肌の収縮を防いだり、普段のスキンケアで皮膚の乾燥をふせぐことも、生活の工夫の一つです。
首の後ろを伸ばすストレッチは有効で、首の筋肉を暖めることができます。

●【オススメ②:お風呂に浸かる】
普段の生活の中で手軽にできるのは、ぬるめのお風呂に浸かることです。
血行をよくするのに効果的です。
38度くらいのぬるめのお湯がおすすめです。
ぬるめのお湯で20〜30分程度、汗をかくくらい体のしんまでしっかり温めれば、収縮していた筋肉もゆるんでくるので、首の筋肉をしっかり緩めることができます。

●【オススメ③:筋肉をほぐす】
その上で、気持ちいいと感じる程度のマッサージや整体で筋肉をほぐすことです。
マッサージで外から刺激を与えてやれば、首の筋肉の緊張がほぐれ、血行がよくなってきます。

ストレートネックを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

ストレートネックをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡県久留米市津福本町にお住いの会社員をされている方で「今までずっと肩こりと首が痛くて、頭痛とかもしていたので、病院へ行ったら”首の骨が真っ直ぐなっているストレートネックになっているから、整骨院とかに行った方がいいよ”と言われて、それから整骨院を探していました。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、ストレートネックの他にも「首痛・肩こり・背中痛・腰痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

▶︎お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【電車の中での読書は首にも負担】
頭は4~5キロあると言われていますが、その頭を体より前に持ってきて下に落とした形は首に負担がきます。
頭が落ちないために首の骨や筋肉で一生懸命支えてくれています。

●【どうすればいいのか?】
頭が起きると、負担のかかっていたものを軽減することになりますので、時々体を起こしてあげると首や背中の筋肉の負担が軽減します。

スペシフィックカイロ路 佐藤

電車の中での読書は、時間を有効に使う手段でもあり、事故成長のためであり、最高のものだと考えています。 ただ、ちょっと首を起こして体の負担を和らげてあげると楽になりますので、一駅ごとに首を起こして回してあげるなどをすると良いと思います。

※ストレートネックを改善するための対策は、こちらの『ストレートネックが起きる3つの原因とは?』も参考にしていてください。

お悩みがある方は、いつでもご相談ください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加