【教えて!】自分に合う枕の作り方

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「自分に合う枕を作れるの?」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(3分18秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)


■【自分に合う枕を作れるの?】■
自分に合う枕は作れるのかについてお話したいと思います。

自分に合う枕、寝心地の良い枕はスペシフィックカイロ路でお勧めしている枕です。
横向きで寝る方もいらっしゃいますが、今回は上向きで寝る方の枕の作り方のお話をしたいと思います。

●【一番良い枕とは?】
ご自分が、真っ直ぐに立った状態でそのまま別途に横になり真っ直ぐになった状態で寝れるのが一番楽な状態です。

その為の枕ですが、当方ではタオルを使っています。
タオルを何枚か畳んでいただいて、頭に当てていただきある程度の高さを作りそこで呼吸をしていただいています。

呼吸をしていただく』と、高さが高いと首が前の方に出てきて呼吸がしにくいです。
反対に低すぎると顎が上がって息がしにくいです。

ですので、タオルやバスタオルを畳んでいただいて、ある程度の高さをまず作って、呼吸をしながら一枚一枚剥いでいただき、自分の呼吸がすごく楽な状態が一番ストレスなく寝れる状態だとスペシフィックカイロ路では考えています。

●【どういう状態が一番いいの?】
バスタオルや普通のタオルを畳んでいただいき寝ていただいて、背骨の位置と頭の位置を見て首が前に出ている方は高さが高いということです。

まず自分である程度の高さを作り呼吸をして、足首を回しながらタオルを一枚ずつ剥いでください。
足首が綺麗に回るということは、頭からの神経や体から上がっていっている神経がお互い行き来がスムーズになっているということです。
逆に、高さが高すぎたり低かったりすると、足首が回しにくかったりします。

ですので、呼吸で分かりづらい場合は、足首を回してながら行っていただくといいかと思います。
睡眠に関係する『目覚めがよくなる朝ストレッチ』も合わせて見ていただけると、より効果的なのでご参考にしてください。

睡眠の質を悪くする枕とは、どんな枕?

睡眠の質を悪くする枕があります。
それはどんな枕なのかというと、高すぎる枕です。

●【高すぎる枕の悪影響】
高すぎる枕は、首を湾曲させることになるので、熟睡することができなくなります。
枕の高さは高すぎても、低すぎてもダメで、特に高い枕を使うと首や肩筋肉に負担がかかってしまいます。
のどが圧迫されるので呼吸しにくくなり、結果的に熟睡できなくなります。
高すぎる枕を使っていると、仰向けの姿勢ができにくくなり、自然と横向きの姿勢になります。

●【低すぎる枕の悪影響】
枕は低すぎてもダメで、睡眠の質を悪くします。
枕が低すぎると寝違えや肩こりの原因になり、寝つきが悪くなります。

●【理想の枕とは?】
仰向けの時に首筋が伸びて、顔がやや斜めになる高さが理想的な枕と言えます。
首にあたる部分はやや高めになっていて、枕の両サイドは肩を支えるために、さらに高くなっているものがおすすめです。
はっきり言って、自分に合っていない枕は、すべて睡眠の質を悪くする枕と言えます。
後頭部の形や首の生理的湾曲のカーブ、首の長さは人それぞれで違うからです。
睡眠中は何度も寝返りを打つので、仰向けと横向きのどちらにも対応できるような枕を選ぶことが大事です。

ストレートネックを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

ストレートネックをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区大名にお住いの心理カウンセラーをされている方で「交通事故の時に首を痛めて、整形外科に行ったらストレートネックという診断をされたものの、痛みが改善しないので首専門に診てくれる治療院を探していた。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、ストレートネックの他にも「頭痛」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

●【ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。
↓ ↓ ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『ストレートネックの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

▶︎お客さま体験談インタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【一番良い枕とは?】
真っ直ぐに立った状態でそのまま別途に横になり真っ直ぐになった状態で寝れるのが一番楽な状態です。

●【どういう状態が一番いいの?】
自分である程度の高さを作り呼吸をして、足首を回しながらタオルを一枚ずつ剥いでください。
足首が綺麗に回るということは、頭からの神経や体から上がっていっている神経がお互い行き来がスムーズになっているということです。

スペシフィックカイロ路 佐藤

1日の平均睡眠時間は、約6〜7時間くらいと言われています。
1日の3分の1の時間が、睡眠で使われているのですから、その時間に体に無理がかかると、その影響は大きく残ります。
自然な呼吸ができる姿勢を作り、その状態で毎日寝ることで、気力体力ともに充実した毎日を送れるのだと思います。
ぜひ、あなたもご自分で自分の体にあった枕を作ってみてください。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加