肩こりの本当の原因ってなに?

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「肩こりの本当の原因ってなに?」について解説します。

■【肩こりの本当の原因ってなに?】■

肩こりは、あらゆる不調から生じるものであることから、本当の原因というのは中々つかめないものです。

原因が複数存在していて、全てが肉体の不調から来るものでもありません。
根本的な原因だけでなく、二次的、三次的な原因が絡み合って起こるケースもあります。

そのため、複数の原因を紐解いて、解消しなければならないケースも出てきます。
肩こりには、心の不調も大きく影響していて、心と体は密接に繋がっています。

肩こりの原因として挙げられるのは、姿勢によるものが多く、長時間のデスクワークで肩こりが強まるケースがよくありますので、こちらの『姿勢が悪くなる3つの原因と与える影響』を参考にしてみてください。

また、精神的な緊張からでもよく起こります。
重要なプレゼンや苦手な人との会話など、精神的なストレスが加わることで、肩周辺や背中上部の筋肉が硬くなって、肩こりが起こることもよくあります。

連日、精神的な緊張が続くと、肩こりが慢性化すると言われています。
手や腕の疲労から肩こりになることもあり、筋肉の機能低下が起きている場合にも起こりやすいです。

細かい作業が続いて、焦点を調整する目の筋肉が酷使されることで肩こりが起こることもあります。
温度にも関係していて、冷房などの冷たい風が肩周辺に直撃すると、肩こりになりやすいです。

デスクワーク肩こりを軽減させる工夫とは?

仕事柄机やパソコンに向かって業務をおこなうことが多いという人も多いことでしょう。
デスクワークを行う事務職などの人にとって肩こりってとても大変辛いもであることかと思います。

デスクワークを行っているとどうしても姿勢が前かがみになりがちです。
前かがみになっているとどんどん猫背になっていってしまうんですよね。
そうなってしまうと肩がとってもこってしまうことかと思います。
肩こりがひどいととても色々なところに響いてしまって辛いですよね。

【肩こり軽減方法】

では、そんなデスクワークでの酷い肩こりを軽減させるための方法にはどのようなものがあるのでしょうか?
まず、デスクワークをおこなっている時の姿勢ですが、悪い姿勢ですと更に肩こりを悪化させてしまうことになってしまいます。
ですので、正しい姿勢で背筋を伸ばしておこなうようにした方がよいでしょう。
そして長時間ずっと同じ姿勢をとるのではなく、たまには息抜きで伸びをしたり軽いストレッチを行うなどをして、凝った筋肉をほぐすようにすると良いでしょう。
軽く肩をまわすだけでも肩こりは軽減されます。

肩こりを改善させたいと、
福岡市でカイロプラクティックをお探しのあなたへ

■お客さま事例

施術の説明

肩こりをなんとかしたい!スペシフィックカイロ路に来られた、40代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市南区屋形原にお住いの会社員をされている方で「めまいとかの原因は、肩こりからかも?とネットサーフィンで調べていたら、スペシフィックカイロ路のホームページが出てきた。昔、整形外科でストレートネックとも診断されたので、お客さんの体験談を見てたら、ひょっとしたら改善するかも?と思って。」という理由で当院へ来られました。

実際にお話を聞いてみると、肩こりの他にも「ストレートネック、首の後ろが痛い、めまい」などのお悩みも抱えていました。
施術により頚椎の歪みを整えることで全身の身体の歪みを整え、アムサット計測で科学的に体内の状態を確認し、自宅での簡単なセルフ改善を行ってもらった結果、かなり痛みが楽になったとのことです。
上部頸椎の歪みを整えることで、背骨(脊椎)が真っすぐに整い体全体のバランスが整い始めます。
身体の一部だけの施術に通っても大きな変化を得ることが出来ない方が多いと感じています。

局部的な施術ではなく、体全体のバランスを整える根本的な施術行うスペシフィックカイロをお試ししてみてはいかがですか?
いつでもお気軽にご相談くださいね。

●【肩こりの施術を受けたお客さま体験談】

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(7分13秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『肩こりの施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【肩こりの本当の原因】
姿勢によるものが多く、長時間のデスクワークで肩こりが強まるケース。

●【肩こりを軽減させる工夫】
長時間、同じ姿勢を避けて、息抜きで伸びをしたり軽いストレッチを行う

スペシフィックカイロ路 佐藤

デスクワークなど事務職の人にとっては、肩こりは職業病に近いものがあります。
長時間パソコン作業を行うと、体を動かすことがありませんので、血流は滞り筋肉への負担がかかってしまいます。

必ず、1時間に1回は体を動かし、筋肉への負担を軽減させることで、肩こりの対策を行いましょう。
さらには、運動をすることにより血流改善や筋力アップに繋がりますので、根本的な肩こり対策にもなります。

※今回のような肩こり対策は、こちらの『肩こり・腰痛を楽にするタオルで簡単!温熱療法』も参考にしていてください。
お悩みがある方は、いつでもご相談ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加