痔疾~症状と原因

日本人の三人に一人が痔を患っていると言われる痔疾。 年齢・性別を問わず、痔で悩む方が多くいらっしゃいます。

痔疾は、一般的にいぼ痔・切れ痔・痔瘻と3種類に分けられています。

痔実の中で最も多いのが、いぼ痔で、肛門の内側にできる内痔核と外側にできる外痔核に分類されます。切れ痔は、肛門の周りが切れて出血を伴う症状が起こります。 痔瘻は、肛門周辺が化膿し、化膿した組織部分に穴が開く状態のことを指します。

痔疾の原因は、便秘や下痢、排便時のいきみなどがきっかけで、突然なる事が多いです。

 食生活のバランスや生活習慣を整えることで、腸の調子を整え、便秘や下痢などを予防することが大切です。 男性よりも女性の方が、女性ホルモンの働きや、ダイエットなどで、便秘しやすい体質を持っています。 また、妊娠時も腸が圧迫され、便秘になりやすくなります。 便秘時のいきみや、出産時のいきみは、痔疾を招きやすいと言われています。

痔疾が慢性化し、悪化させてしまうと、手術など外科での治療が必要となる場合があるため、軽度なうちに治療することが大切です。 恥ずかしいからと言って、我慢して放っておくと、どんどん症状が悪化してしまう場合もあるため、 痛みや出血を伴ったら、一度病院へ受診するようにしましょう。


首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)


  • このエントリーをはてなブックマークに追加