左肩が特に痛む狭心症・心筋梗塞

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「左肩が特に痛む狭心症・心筋梗塞」について解説します。


【左肩が特に痛む狭心症・心筋梗塞】
狭心症・心筋梗塞

狭心症(きょうしんしょう)と肩こりは、何の関係もないように思いますが、胸部の痛みなどの発作とは別に、狭心症の人は、左肩の痛みを訴える人が案外多いのです。
そのため、狭心症の自覚症状がない人でも、急に左肩がこり始めた人は、注意しなければなりません。
定期検診などで中性脂肪やコレステロール値が高い人は、特に要注意です。

●「肩こりと狭心症の関係性は?」
肩こりは、疲労やストレスが原因でなることが多いのですが、その症状は血行不良です。
血行不良が心臓の冠動脈で起これば、狭心症になるので、肩こりは狭心症の予兆と考えられるのです。
そして特に左肩は心臓に近く関連性が高いのです。
肩こりだと軽く考えると、後で取り返しのつかないことになるので、まずは『パソコン疲れが一気に楽に!肩こり対策4つの方法』をやってみて、肩こりの症状が改善しない場合は、すぐに医師に相談することです。

●「心筋梗塞の前兆とは?」
心筋梗塞の前兆の中に、左手の小指の痛みがあります。
左手の小指が痛くなったり、左肩に痛みがあると、心筋梗塞(しんきんこうそく)になる前ぶれの可能性があります。
心筋梗塞は心臓の病気ですが、心臓以外の部分で、異常のサインを知らせているのです。

このように、狭心症と心筋梗塞の予兆として、左肩の痛みがあるので、単なる肩こりと判断せずに、十分に注意する必要があります。


【狭心症とは?】

●「狭心症の症状とは?」
狭心症の代表的な症状としては、『胸の奥が痛い、胸がしめつけられる、胸が押さえつけられる、胸が焼けつくような感じ』などがあります。
ほとんどの場合は胸部の症状として現れますが、中には上腹部や背中の痛み、のどの痛み、左肩から腕にかけてのしびれや痛み、歯が浮くような感じ、として現れる場合もあります。

●「狭心症の原因とは?」
狭心症になる原因は、血管内腔が狭くなることにより、心筋に十分な酸素や血流が送り込めなくなってしまった時に、胸の痛みが起こります。
具体的にお話をすると、「喫煙、塩分の摂りすぎ、偏った食生活」などを繰り返していくうちに、血管が次第にダメージを受け、血管内腔が狭くなったり、動脈硬化に繋がり、狭心症が起こってしまうのです。

●「狭心症の3つの予防法とは?」
①タバコを吸わない・・・タバコを吸うと、血管が細くなるだけでなく、タバコに含まれる有害成分が血管を傷つけてしまいます。
②塩分を減らす・・・塩分の摂りすぎは血圧を上げ、血管に負担をかけてしまいます。
③食生活を見直す・・・血液中のコレステロールや、中性脂肪など値が高くなると、狭心症の原因となる動脈硬化が進行します。ですので、コレステロール値の高い動物性脂肪を減らして、生野菜や魚、大豆や豆腐などをたくさん食べるようにしましょう。


【心筋梗塞とは?】

●「心筋梗塞の症状とは?」
心筋梗塞の症状は、胸に痛みを感じたり、呼吸困難や吐き気、冷や汗などを伴う場合もあります。
また、前兆として、胸やみぞおちを突然圧迫するような痛みや左手小指の痛み、左肩や背中にかけての痛みなどがあります。

●「心筋梗塞の原因とは?」
心筋梗塞の、直接の原因となるのは「動脈硬化」です。
そして、動脈硬化を助長させる要因として肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症、運動不足などがあげられます。

●「心筋梗塞の3つの予防法とは?」
①タバコを吸わない・・・タバコを吸うと、血管が細くなるだけでなく、タバコに含まれる有害成分が血管を傷つけてしまいます。
②朝の水分補給・・・起床時、私たちの体内の水分量は減り、血液も濃くなっています。ですので、まずはコップ1杯の水を飲んでから活動を始めましょう。
③食生活を見直す・・・血液中のコレステロールや、中性脂肪など値が高くなると、心筋梗塞の原因となる動脈硬化が進行します。ですので、コレステロール値の高い動物性脂肪を減らして、生野菜や魚、大豆や豆腐などをたくさん食べるようにしましょう。


肩こりを改善させたいと、
福岡市でカイロをお探しのあなたへ

肩こりにお悩みで当院に来られた、60代男性のお客さまの事例です。
この方は、山口県美祢市美東町にお住いの農家の方で、いろんな整体や鍼灸院やカイロにいったが改善せず、ここなら効果があるのでは?と思い当院へ来られました。
実際にお話を聞いてみると、肩こりだけではなく「腕の片口が痛い、腰痛、背中痛、太ももの動脈が浮いてる」などのお悩みも抱えていました。

しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
このような事例は、こちらの『肩こりのお客さま』などで、いくつでもお話しできます。
しかし、ここが重要です。
ご自分で施術を体験して納得することが大切です。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(8分09秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●狭心症の自覚症状がない人でも、急に左肩がこり始めた人は、注意しましょう。

●心筋梗塞の前兆の中に、左手の小指の痛みがあります。

●狭心症になる原因として「喫煙、塩分の摂りすぎ、偏った食生活」などがあります。

●心筋梗塞になる原因として「肥満や高血圧、糖尿病、高脂血症、運動不足」などがあります。

●狭心症の予防法は

①「タバコを吸わない」

②「塩分を減らす」

③「食生活を見直す」

●心筋梗塞の予防法は

①「タバコを吸わない」

②「朝の水分補給」

③「食生活を見直す」


狭心症や心筋梗塞は、ほおっておくと恐ろしい病気です。
もし、今回ご紹介したような前兆がみられる場合は、すぐに病院へ受診し詳しく検査してもらいましょう。
どんな病気もそうですが、早期発見がやはり一番です!まずはご自分の身体の変化をきちんと自覚し、しっかり改善・予防に取り組んでいきましょう。

そして最後に、狭心症・心筋梗塞の改善に頑張るあなたへ、
この言葉送ります。

苦しんだ人、悲しんだ人、いじめられた人、それらの人々のみが必ずや光輝あるすばらしき人生の深さを知る事ができる。
発言者不明


辛い症状の改善したければ、まず何か行動にうつすことが大切です。
いつでも、お気軽にご相談ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加