知らずに女性が低体温になる3つの悪習慣改善法

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「知らずに女性が低体温になる3つの悪習慣改善法」について解説します。



●【低体温症と冷え性の違いとは?】
低体温症 よく、低体温症と冷え性を同じものだと考えておる方がいますが、この2つは全く別のものです。
まずはその2つの違いからご説明したいと思います。


「冷え性とは?」
冷え性とは、寒い場所から暖かい場所へ移動した際に、身体の他の部分が段々と暖まっていくのに対し、手や足の先などがいっこうに暖まらず、冷えているような感じが続く事です。
体温を測っても低くなっていることはほとんどなく、もし一時的に下がっていたのとしてもそれが継続するということはありません。
冬でも夏でも厚い靴下が欠かせない、手がかじかんだり、しもやけになってしまうなどといったものが、冷え性の症状の典型的です。
原因としては、外側から受けた寒さのせいで、手足の血管が収縮して血流が悪くなることが大きいと考えられています。


「低体温症とは?」
それに対し、低体温症とは体の中枢の深部体温の温度が、低くなることを指しています。
私たちの身体は、通常健康な状態では体温が37度くらいです。
ですが、低体温症になると体温が35度以下になってしまいます。
原因としては、食生活の乱れや、無理なダイエット、運動不足などの生活習慣や、過度のストレスによる自律神経の乱れが大きく関係していると考えられています。
ストレスと体温変化にどんな関係が?と思われるかもしれませんが、ストレスを受けると自律神経が乱れてしまい、その結果体温をコントロールすることができなくなってしまうのです。


どうして低体温になるのは女性が多いの?

低体温症が女性に多いわけはどうしてなんでしょう。
男性と違うのは筋肉の違いと、ホルモンバランスの違いでしょう。
身体の構造上女性のほうが低体温症になりやすくなっています。
女性の身体は、男性に比べて筋肉量が少く、そのため基礎代謝も男性と比べるとどうしても少なくなります。
それにより、熱を生み出す力が弱くなって、結果身体が冷えてしまうのです。
また、女性は男性と比べて、冬でもスカートなどの肌の露出の多い服を着ることや、ダイエットを習慣的に行う事が良くある為、食生活が乱れてしまうことも女性が男性と比べて低体温症にかかりやすい原因と言えるでしょう。


【低体温症が引き起こす弊害とは?】

低体温症はほっといて治るものではありませんので、気がついたらすぐに治すようにしましょう。
低体温のままいると、血液の循環が悪くなりますし、この結果新陳代謝も悪くなり、腰痛や肩こりがひどくなったり、疲れやすくなったり、朝の目覚めも悪くなり、いつまでたっても疲れが抜けないまま。
免疫機能も落ち、風邪をひきやすくなったり、アレルギー反応が出てしまうなど、さまざまな病気を引き起こします。


そして、いったん病気になると治りにくい事が困ります。
先にもお話ししたように、ストレスはかなり悪影響を及ぼしてますので、何らかの対策を考えたほうがいいでしょう。


●【低体温症→血行不良→腰痛になるメカニズムとは?】
低体温症になると、私たちの身体は生命の危険を感じ、自律神経が「身体の異常事態だ!」と認識して、熱を外に逃がさないようにするために血液の循環が悪くなります。
筋肉が活動するために必要な栄養や酸素は、血液を通して運搬されます。


また、活動をして溜まった疲労物質も血液を通して代謝され、排出されるのです。
ですので、血行不良になるとその重要な2つの機能が発揮できないため、疲労は溜まる一方になり肩こりへと繋がるのです。
これが、低体温症→血行不良→腰痛になるメカニズムです。


冷えや低体温からくる腰痛を改善させたいと、
福岡市でカイロをお探しのあなたへ

腰痛にお悩みで当院に来られた、20代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市博多区中洲中島町にお住いのエステティシャンの方で、「一日中座りっぱなしで、神経を使う仕事なので早く改善させたいと思って、、、」という理由で、当院のHPをご覧になり、お客さまの改善事例や感想など安心していただけ当院へ来られました。


実際にお話を聞いてみると、腰痛だけではなく「低体温、側湾症、喉の圧迫感、肩こり、だるさ、首痛、背中痛、股関節痛、顎が鳴る」などのお悩みも抱えていました。


しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くこと、自宅でのストレッチなどを行うことで、状態は落ち着いています。
このような事例は『冷え性で五十肩や肩こり、便秘に悩んでいたお客さま事例』など、いくつでもお話しできます。
しかし、ここが重要です。
ご自分で施術を体験して納得することが大切です。


【低体温症の3つの改善方法とは?】

低体温症の改善を目指すうえで、とても重要なことは「日々の生活習慣を見直すこと」です。
生活習慣とは、具体的にいうと「食生活」「入浴方法」「睡眠時間」のことです。


①「食生活を見直す」
普段何気なく口にしている食事ですが、その食事に使われる食材には、身体を温める効果のあるものと、逆に身体を冷やす効果のある食べ物とがあります。
身体を温める食べ物の例をいくつかあげると、「ごぼう、にんじん、れんこん、しょうが、ニンニク、肉類」などです。
これらの食材に含まれる栄養素には、血行をよくし身体の代謝を上げ身体を温める作用があるのです。
その逆で、身体を冷やす食べ物は「キュウリ、トマト、メロン、カニ」などです。
これらの多くは暖かい場所で収穫されるものが多く、その中に含まれる栄養素には身体を冷やす作用があります。
ですので、低体温症にお悩みの方は身体を冷やす食べ物は出来るだけ避け、身体を温める効果のある食材を意識して摂るようにしましょう。


②「入浴方法を見直す」
最近では、どこの家にもほとんどシャワーがついています。
仕事や家事に追われ、なかなかゆっくりとお風呂に浸かる時間がなく、手軽なシャワーで済ませてしまっている方も多いのではないでしょうか?
ですが、低体温症を改善したいと思っているのであれば、シャワーはやめ出来るだけ湯船でゆっくりお湯に浸かってください。
お湯にゆっくりと浸かる、さらに『入浴時に低体温を改善させるセルフマッサージ』などをすることで、低体温症の原因とされる血行不良の改善や、リラックス効果も得られます。
この時、お湯の温度は少しぬるいかな?と感じる40℃くらいがいいでしょう。
あまり熱いお湯に浸かると、かえって興奮状態になってしまいリラックス効果は期待できません。


③「睡眠時間を見直す」
睡眠時間をしっかりとることは、身体の疲れを取るだけでなく、自律神経を整えるためにもとても重要です。
なぜかというと、自律神経は1日を通して交感神経⇔副交感神経と変動しており、通常夕方から夜にかけて副交感神経のレベルがあがり、やや副交感神経優位な状態になります。
ですが、睡眠時間が十分でないとその変動リズムをうまく掴めなくなってしまい、次第に自律神経のバランスが崩れてしまうのです。
しっかりと睡眠時間をとることは、自律神経を整え、その結果低体温症の改善にも繋がります。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●低体温症とは「体温が35度以下になることです」

●原因は「食生活の乱れや、無理なダイエット、運動不足などの生活習慣や、過度のストレスによる自律神経の乱れ」

●改善方法は「日々の生活習慣を見直すこと」

●具体的な改善方法は
①食生活を見直す
②入浴方法を見直す
③睡眠時間を見直す


夏でも汗をほとんどかかないし、厚手の布団が無いと寝付けないとか、つねに長袖の服が放せない人などは低体温を疑ったほうがいいでしょう。
手や足が冷える冷え性とは違いますから、判りにくい時は、体温をしばらく計ってみるといいでしょう。
低体温症の人は体全体が冷えてますから、体温も低いのです。
冷え性の人は、手と足だけが冷たくて、体の中は普通の体温ですので、その違いははっきりわかります。
ご自分が低体温症だとわかったら、ほおっておかずきちんと改善に取り組みましょう。


そして最後に、低体温症の改善に頑張るあなたへ、
この言葉送ります。

今日の成果は、過去の努力の結果であり、 未来はこれからの努力で決まる。
稲盛和夫(日本航空 取締役名誉会長)


辛い症状の改善したければ、まず何か行動にうつすことが大切です。
いつでも、お気軽にご相談ください。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加