身体の強ばりをじっくり解す2つのストレッチ

スペシフィックカイロ路 佐藤

こんにちは、福岡市中央区警固の整体・カイロ「スペシフィックカイロ路」の佐藤です。

「身体の強ばりをじっくり解す2つのストレッチ」について解説します。

まずは、こちらの動画をご覧ください。
 ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

YouTube Preview Image

【身体のこわばりとは?】

身体のこわばりとは、手足をはじめ体の各関節部分が硬くなった感じをともない、腫れぼったいかったり動かしにくくなる状態をいいます。
身体が冷えたり疲れがたまったりすることで起こる、血行不良が原因だとされています。
手足のこわばりが原因で起こる疾患のうち代表的なものは、関節リウマチ・ばね指症・パーキンソン病などがあります。
また、非常に激しい痛みやこわばりを、筋肉や腱、靱帯などともなうものを線維筋痛症といい、40~50代女性に多くみられます。
この病は激しい痛のせいで不眠に陥る方も多く、それによる疲労感等で日常生活にも大きな悪影響を及ぼすほど辛いものです。


線維筋痛症を改善させたいと、
福岡市で整体院をお探しのあなたへ

線維筋痛症にお悩みで当院に来られた、40代女性のお客さまの事例です。
この方は、福岡市中央区にお住いの主婦の方で、ご主人がこの症状について調べてくださり、その勧めで当院に来られました。
実際にお話を聞いてみると、肩こりだけではなく「首や背中痛、右腕手シビレ痛み、手に力が入らない」などあらゆる所の痛みを抱えていました。
しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。
線維筋痛症にお悩みの方は、お気軽にご相談ください。
痛みの原因の一つでもある、身体のこわばりを取り除きましょう。


【簡単!身体の強ばりをほぐすストレッチポイント】

●「ポイント1—手足などの末端部分から回していく」
身体の強ばりをとるストレッチについてお話したいと思います。
身体の強ばりっていうのは、いろんなところが強ばっている状態の人だと思うんですよね。
そういう方は先ず末端、先の方から足首を回すとか、手首を回す、首を回す。
そういう末端から筋肉を緩めて頂きたいと思います。


ストレッチで身体を痛めないためにも、『ストレッチが強すぎると』を見ていただきたいと思います。

●「ポイント2—慣れてきたら肩などを徐々に回していく」
多分硬くなっている状態だと思うんですよね。
動かすのももうきついぐらいになられていると思うので、末端から手首を回したりとか足首を回したりとか首を回したりして頂いて、じょじょにじょじょに今度は肩を回すとか、腰を回すとかある程度いろんな部位を回してみて、そうすることによって、大分身体が解れてきます。


●「まとめ—まずは末端、徐々に回して筋肉を柔らかくしていく」
そうすると今度腕を上にあげたりですね。
腕をあげることによって、腕の筋肉とか背中の筋肉も伸びてきますので、これをすることで身体の全体の筋肉が大分解れてきます。
そういうことで、徐々に色んな身体の筋肉を動かす。
そうすることによって身体の強ばりというのは、とれていきます。


身体が硬い方は、股関節も方が多いです。
こちらの『股関節が硬くなる原因』もご覧ください。

首痛で施術を受けたお客さま体験談

※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分30秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は『首痛で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加