ジョギング翌日の痛みを楽に!2つの疲労回復方法

こんにちは、福岡市中央区警固にある
「スペシフィックカイロ路」佐藤です。

「ジョギング翌日の痛みを楽にする2つの疲労回復方法」について解説します。
まずは、こちらの動画をご覧ください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑画面をクリックすると再生(2分59秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

翌日の疲労回復方法

今日は「翌日の疲労回復方法」について話します。

福岡市 マラソンレース ジョギング 疲労回復 

なぜ翌日の疲労回復?その理由は?

●「理由—筋肉が硬く疲労物質が出ない」
マラソンの翌日の疲労回復なんですが、どうして翌日かと言うと初日マラソンをした日は、なるべく身体を休めて頂きたいのです。

なぜ休ませるかと言うと、身体の筋肉(大腿筋や大臀筋)がマラソンによってかなり縮こまった感じになってますね。
そこで運動をすると、余計筋肉が硬くなって疲労物質が身体の外に出ないまま硬くなっていくわけですね。

ですので、マラソンをした日は、なるべく呼吸をしながらゆっくりした気分で落ち着いて頂きたい。

翌日にやってほしい運動

●「運動1—ゆっくりとした運動」
翌日になって少し運動をして頂きたいんですけれども、その運動も当日と同じく筋肉が固まってます。
そこでいきなり何時もやる運動とか行うと、その筋肉が固まったままの状態でするっていうことは、収縮が出来ていないって言うか、収縮しにくい筋肉になっているところにいきなり運動をすると、筋肉にある腱とかそういうところを傷つけたりすることがあります。
それでなるべく、ゆったりとした運動をして頂きたいんです。

●「運動2—おススメは『ストレッチ』」
私のお薦めはストレッチです。
ストレッチは、何時もでしたらテンポが「1・2・3」ぐらいのテンポでされてるとしたら、翌日のストレッチというのは「1・2」ぐらいのテンポでやって頂きたいんですが、その「1・2」のテンポをマラソンをするまでのストレッチのかける時間の倍の時間を一つの動作に掛けるぐらいで行って頂きたい。

それはなぜかと言うと、筋肉が固まっているところにストレッチをするわけですから、今までのストレッチですると筋肉に疲労がいきます。

なぜストレッチをやるかって言うと、筋肉を軟らかくする為にストレッチをするんですけれども、そこで今まで通りのストレッチのテンポでやると、やはり筋肉があまり収縮が軟らかくなりにくくなります。

ですので、倍の時間ぐらい掛けて、しかも呼吸を取り入れてゆっくりとした呼吸をしながら、ゆっくりとした動作で太極拳をやるくらいのスピードですね。
そういうスピードでやって頂くのが、一番私の方からのお薦めの翌日のストレッチだと思います。


自分で出来る、ゆっくりストレッチを3つご紹介

①首を横にゆっくり倒し首筋と肩の上部を伸ばします。(15秒程度)ゆっくりと左右交互に行います。

②両肩を引き上げ2~3秒後に、息を吐きながらストンと下ろします。これを2、3回繰り返します。

③身体の後ろで腕組をし、肘を後ろに引いて肩甲骨を狭め胸を張ります。(15秒程度)これを2、3回繰り返します。


疲れを残さない方法として『ランニング後のおすすめ入浴法』も参考に身体に疲れを残さない運動をしていただきたいと思います。

疲労回復で不眠を改善させたいと、
福岡市でカイロをお探しのあなたへ

■お客さま事例

上部頸椎施術

不眠というお悩みで当院に来られた、60代女性のお客さまの事例です。

この方は、福岡市中央区小笹にお住いの自営業の方で「不眠など、いろいろ症状があるけど、今は首が痛いのでそれを改善したいと思って検索した。いつも行く整体とマッサージ店はあるが、そこでは不眠は改善しないので。」という理由で来院されました。

実際にお話を聞いてみると、不眠だけではなく「首痛、頭痛、めまい、目の疲れ、肩こり、動悸、肩甲骨痛、腕と脚のシビレ、足の痛み、冷性、鼻炎、腰痛、骨粗鬆症、低血圧、更年期障害」などのお悩みも抱えていました。
しかし今は、頚椎の調整により体の歪みを取り除くことで、状態は落ち着いています。

普段の生活習慣で、お風呂に浸からずシャワーだけで済ましてしまう習慣や、体が冷えるような食生活、その習慣を変えていくことによって、不眠を改善していくことは十分に可能だと考えています。
まずは身体の軸(骨格)を整えて、生活習慣を改善してみませんか?
あなたのお悩み、一緒に改善させていきましょう。


●【参考:慢性不眠で施術を受けたお客さま体験談】
※お客さまの体験インタビュー動画を参考にされてみてください。

↓   ↓   ↓

YouTube Preview Image

↑中心のボタンを押すと再生(6分12秒)↑
(音が出るので、ご注意ください)

体験談インタビューの詳細は、こちらの『慢性不眠で施術を受けたお客さま体験談』を参考にされてみて下さい。

他のお客さまインタビュー(クリックで見れます)

まとめ

●【ジョギング翌日の痛みを楽にする2つの疲労回復方法】
  • 「運動1」・・・ゆっくりとした運動
  • 「運動2」・・・オススメはストレッチ

  • スペシフィックカイロ路 佐藤

    あなたもマラソン大会や慣れないジョギングなどで、筋肉痛や肉離れを経験したことがあると思います。

    当日の試合や練習を頑張りすぎて、体へのダメージが思った以上に大きかったと驚くことがあったこともあると思います。

    スペシフィックカイロ路では、当日の運動後のストレッチはもちろん行うのですが、後日のケアもとても重要だと考えています。

    自分の体の許容範囲を超える運動をすることで、体へのダメージはとても大きなものになりますし、回復の時間もより長くなってしまうのです。

    運動後のケアを長くとることで、しっかりと回復時間を作ってあげる。
    そのことにより、回復時間の質を向上させ、次のパフォーマンスをアップさせることに繋げています。

    また、ストレッチでランニングの疲労回復を行う場合は、こちらの『ランニングの疲労をストレッチで緩和する方法』を参考にしてみてください。
    いつでもお気軽にご相談ください。




    • このエントリーをはてなブックマークに追加