施術・測定の説明

■【アムサット測定機】

体の中の健康状態を測定するアムサット測定機で測定します。
アムサット測定機は微弱な電流が流れて、いろいろな方向から判定する測定機なので妊娠しているとできません。

測定器と測定結果

>>アムサット機の詳しい説明はコチラ…

■【姿勢測定】

姿勢測定中

姿勢測定機を見て身体の状況が分かるのは、左肩が右肩よりも下がっている事です。
そして右肩が左肩より前に行っていることです。
次に腰の高さですが、左腰よりも少し右腰が上がっています。
頭の高さは、耳の高さを目安に見れば右寄りになっていることが分かります。
このような見方をして身体のねじれを確認している測定機です。


>>姿勢測定の詳しい説明はコチラ…

■【首の確認】

お客様にはベッドに寝ていただいた状態で、首の状態(頚椎の左右のズレ・筋肉のハリ)を確認していきます。

骨の角度の調整は、指先の感覚で把握します。
最後に首の筋肉のハリや首の骨の流れを見て調整は必要ないかを確認します。
首は人間の急所なので優しくソフトに触りながらも、確実な情報を得るために時間をかけて把握させていただいてます。

首の状態確認中

>>首の確認の詳しい説明はコチラ…

■【頚椎の角度測定の説明】

角度測定中

立位で傾斜している板の上に立ち、首の上下のズレ(頚椎の骨の角度)状況を測定します。
この状況で両手を片方ずつ上下に上げ下げします。
この時に手の上げ時に、痛みや違和感などのチェックを行います。
次に傾斜の向きの反対側に立ち、同じように両手を片方ずつ上下に上げ下げして、前回との比較を行います。
この時、手の上げやすさの傾斜方向によって頚椎の1番上の骨がどのようにズレているのかを確認します。


>>頚椎の角度測定の詳しい説明はコチラ…

■【施術の説明】

施術中

施術ポイントは1ヶ所のみです。
そのポイントを、日々鍛錬して感覚が研ぎ澄まされている指を使って探します。
ポイントが見つかったら、手の平にある豆状骨(とうじょうこつ)を使って調整します。

>>施術の詳しい説明はコチラ…

■【施術ベッドの説明】

施術用ベッド

施術する時の体勢作りも非常に重要です。
なぜなら、人間の身体は通常背骨のラインがまっすぐに通っていますので、このベッドで横になっている状態でも背骨のラインを真っ直ぐに作り出すことが重要です。

>>施術用ベッドの詳しい説明はコチラ…

■【安静時の説明】

安静中

施術した後は、ベッドで30~40分程度休んでいただきます。
休み方も仰向けに真っ直ぐになった状態で休んでいただきます。
これは、施術で調整した首を安定させるためです。

>>安静時の詳しい説明はコチラ…

■【施術後の確認の説明】

施術後の確認中

施術の結果が、どうなったのかを調べます。

>>施術後の確認の詳しい説明はコチラ…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加