頚椎(頸椎)の角度測定の説明

頸椎の角度検査

■【頚椎(頸椎)の角度測定の説明】

立位で傾斜している板の上に立ち、首の上下のズレ(頚椎の骨の角度)状況を測定します。
この状況で両手を片方ずつ上下に上げ下げします。
この時に手の上げ時に、痛みや違和感などのチェックを行います。
次に傾斜の向きの反対側に立ち、同じように両手を片方ずつ上下に上げ下げして、前回との比較を行います。
この時、手の上げやすさの傾斜方向によって頚椎の1番上の骨がどのようにズレているのかを確認します。

頚椎(頸椎)の角度測定の動画説明

頚椎(頸椎)の角度測定の方法を動画でご説明します。

YouTube Preview Image

↑矢印を押すと再生します↑
※この動画は音が鳴ります(1分7秒)※

  • このエントリーをはてなブックマークに追加