首の施術で状態を改善


首は、頭と身体を繋ぐ大切な「命のかけ橋」


YouTube Preview Image

↑矢印を押すと再生します↑
※この動画は音が鳴ります(4分29秒)※

頚椎専門のカイロプラクティックにこだわる理由は?

首の状態を確認中

私達は産まれた時はまだ首が座っていません。座るまでは、だっこされたりした時は、首を手で支えてもらっています。
首が座ると手で物をにぎったりつかまえたり、ハイハイから歩いたり出来るようになります。実は、人が亡くなる時も心臓が止まると死後硬直が始まりますが、その始まりも首なんです。
首は私達が生きて行く上で大切な器官です。そこには食べた物の通路だったり酸素や血液・リンパそして脳から私達の身体を動かしている神経と、細い小さな首の骨はパイプの役割をしています。
その大事な首の骨は、肩こりや腰痛・手足のシビレそして生活習慣等でズレています。
首がズレると、身体のバランスがとりにくくなり身体がゆがみ、身体の痛みこりという状態になって現われてきます。
そのゆがみをとってあげると、身体のバランスがとれ肩こり・腰痛・頭痛などの状態が改善していきます。

首しか調整しない施術で、どうやって状態を解消するのですか?

佐藤先生の笑顔

肩こりや腰痛などの原因になっている首のズレを調整することによって、首の骨~胸の骨~腰の骨~と元のあるべき位置に戻ってきます。
それはまるで小学校の時朝礼や体育に「前をならえ」をしていましたね。
その時先頭の方に合わせて2番目3番目と一列に並ぶのですが、先頭や2番目3番目の方がズレるとだんだん後ろの方まで影響してズレが大きくなってました。それが身体のズレなんです。
なので先頭や2番目3番目を正しい位置に戻してあげると自然とズレが無く、綺麗な一列になります。
首の骨が元の位置に戻ると、それにくっ付いている筋肉も元に戻ってきます。
足の先っぽまで、身体は繋がっているので連鎖反応のように、骨も筋肉も有るべき位置に戻って来るんです。

この施術方法で影響を受けた人はいますか?

カイロプラクティックの祖は、1895年にアメリカの治療家 D.D.パーマーが耳の不自由なハービー・リラードに首の調整をしたら聴力を取り戻した事が始まりです。
この発見が無かったら、カイロプラクティックは産まれていなかったでしょう。
その後、彼の息子 B.J.パーマー へと引き継がれていきました。
B.J.パーマーは、その首の調整を立証する為に、死体解剖やレントゲン等で65年間研究し、1930年に HIO学説を唱えました。
HIO学説とは「痛みや身体の不調の原因は、上部頸椎にあり、その一か所を調整することで、全身のバランスが整い、治癒力が発揮される」上部頸椎とは「首の骨の1番目と2番目にある骨の事」
彼らの凄いところは、首の施術したからこれの方法が良いと単純に決めなかったところだと思います。
彼は検査・施術前・施術後とあらゆる角度からこの首の骨へのアプローチの仕方や角度の研究を行いました。
それによって首の施術で身体のあらゆるところが改善できる事を立証しました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加