首の施術でもボキボキしないから痛くない


大切な首だからこそ「優しい施術」にこだわっています


YouTube Preview Image

↑矢印を押すと再生します↑
※この動画は音が鳴ります(1分30秒)※

首をボキボキするような施術は、しないのですか?

首をボキボキすると、なんとなく効き目があった気がするって方と、ボキボキして恐かったって方がいらっしゃいます。
私は、身体には最小限の負担で施術をしたいと思っています。
身体に負担がかかるとストレスが出てきます。防御反応も出てきます。
ボキボキされるんだ…と思うだけでストレスが出てそうすると筋肉までもがキューっと収縮するんです。
施術にはリラックスした状態で受けて頂くと効果も倍増します。
野球選手のイチローやゴルフの石川遼がバットやクラブを振る時は、身体に力を入れてないと言っています。
それと同じで身体によけいな負担はいらないと思っています。
それに、肩こりだったり腰痛だったりと、ただでさえつらいのにそれ以上のつらさは身体がかわいそうです。

なぜ、痛くない施術なのですか?

首の骨の一点に集中してダルマ落としの時や居合抜きの時と同じように、その一点を一瞬の技で行うからです。
一点を一瞬で無い場合は、他の骨に負担がかかったり余計な力がかかります。
板なのどに釘を打ち付ける時 力を入れるとなかなか釘は中に入っていきませんよね それと同じなんです。
例えば、大工さんは釘を打ち込むときに一発で入れてしまいます。
真っ直ぐに正しいところに力を入れずに打ち込みます。
力を入れると、狙ったところがズレてしまい、釘が斜めに入ったり、木材を叩いたりしてしまいます。
人間の身体もこれと同じで、無駄なところに力を入れてしまうと他の部位にも影響を及ぼします。
首はすごく繊細で骨自体も細いです。
首の骨の左右方向の一番端にある頚椎1番の横突起(小指の先よりも小さい)いろんな角度に曲がっている最先端なので元の位置に戻してあげる。
(頚椎は7個あります。)
この頚椎1番の横突起をゆっくりと押してしまうと、周りの筋肉や骨にも影響を与えやすい。
影響を与えてしまうと、ズレなくてもいい首の骨がズレてしまい、他の部位に痛みが出てしまったり、肩や腰の骨に影響を及ぼしたり、神経を圧迫したりしてしまいます。
力が入って無いから痛くない施術なんです。

体に優しい施術は、どういったメリットがあるのですか?

身体に負担がストレスが緊張がかかりません。
リラックス状態であるという事は、身体の筋肉も血管もリンパも収縮してないので、身体の自然治癒力が発揮しやすくなります。
優しい施術なので小さなお子様から御高齢の方にも負担なく受けて頂けます。
自然治癒力はどなたでも持っている力で、手などに怪我をした時に自然と治っていってますその力が自然治癒力なのです。
自然治癒力がフルに回転していたら、肩こりや腰痛など自然に治っていくのですが、首がズレるとその力が弱まっているんです。
首を優しく施術すると、その自然治癒力が発揮されて免疫力もアップします。
痛いことをされてしまうと、筋肉反射が起きてしまいます。
筋肉反射とは、人間が「痛い!」と思うと防衛反応が起こり身体が縮ってしまいます。
縮ってしまうと、血流が滞りやすくなって、身体中に通わなくなります。
それで、コリや痛みになって現れてくるので、「痛い!」と痛みの司令が脳に行くので、疲労物質が出て悪循環を繰り返してしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加