頚椎(頸椎)専門のカイロを通して
人々に喜んでもらう


お客様との心と身体のコミュニケーションを大事にする


YouTube Preview Image

↑矢印を押すと再生します↑
※この動画は音が鳴ります(1分04秒)※

お客様に喜んでもうために、どういった心使いをしていますか?

佐藤先生

お客様にリラックスしてもらうことが全ての目的なので、施術場所はお客様が落ち着く空間にしたいと思っています。
一般的な整体やカイロみたいに壁紙を貼ったリはしていません。
それは、自分の家にいるような感覚になってもらいたくて、あまりゴチャゴチャ物を置かないようにしています。
あとはリラックス状態に導くために、アロマや癒やし系の音楽を活用しています。
他の整体やカイロと大きく違うところは、ベッドで休めるという点です。
1時間程寝ていただくので、そのベッドでの居心地をよくするためにベッドマットなどのクッションなども細部までこだわりました。

お客様とコミュニケーションを大事にするとは?

初見の時に今までの病歴や身体で気になった事を記入して頂いています。
世間話であったりいろいろしていると、子供のころにブランコから落ちたとか跳び箱の時おしりから落ちて痛かった・野球のボールが頭に当たって痛かった・階段から落ちた・ころんだ・逆子で産まれた等…の話が出てきます。
会社でのストレスや・知り合いとすれ違う時に挨拶するのがイヤ・等…
これらは、昔や最近の事ですが身体のこりや痛みとは関係ないと思っている方が多いのですが、実は大いに関係しています。
やはり、初めてのお客様は緊張しています。
緊張していると筋肉も緊張するので、施術効果を高めるためにもリラックスして欲しいのです。
そして、施術を行う私を分かってもらえる為でもあります。
それは「この人だったら首をあずけていいよ」と安心していただけるように、信頼感を築きたいからです。

コミュニケーションを大事にすると、どういったメリットがあるのですか?

お客様が気づいていない状態をコミュニケーションの中から分かります。
例えば、小さい頃サッカーや野球をしていましたという方は、スライディングが得意だったという方の話を聞くと、足や頭などの注意点が見えてきます。
昔跳び箱が苦手で跳び箱の真ん中で止まっていたという話を聞くと、尾てい骨をチェックします。
ただ、漠然と話を聞くだけより、自分の体験談を通して「どうしてそれが首に関係しているか?」を詳しく説明していきます。
もちろん、いろんなお客様がいますので、ただお話をするだけで気持ちが落ち着かれる方もいらっしゃいます。
多くの方は、ストレスも身体の痛みになって現われるんですが、お話をしていくうちに身体が心がリッラックスしていくので首の施術をする時に、身体の緊張がなくなっています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加